債権回収は弁護士へ

会社経営や個人事業を行っていると、発生する確率が高くなるのが債権回収です。売掛金の踏み倒しや、施工費用の不払いなど債権回収を行うには、個人ではなく弁護士に依頼するとスムーズに進みます。

債権回収と一言でいっても、大きな額から小さな額まで様々ですが、弁護士へ債権回収依頼をする場合も、その債権の額に対して回収費用はピンからキリまでと言っていいでしょう。

債権回収の費用を考える場合、弁護士費用のしくみから知っておくひつようがあります。顧問弁護士などすでに会社専属の弁護士がついている場合は、承知の通りだと思いますが、初めて債権回収を弁護士に依頼する場合は、弁護士へ支払う費用の相場はもちろん、債権回収に強い弁護士を探す事からはじめなければいけません。特に弁護士といっても、得意分野もそれぞれなので、とりわけ債権回収の実績のある弁護士を選んで依頼すると成功率も高くなります。

弁護士に債権回収を依頼するにあたって、まず知っておきたいのが、弁護士費用の仕組みです。これを知っておくと、これから様々な事案で弁護士に依頼するさいにも役に立つため、弁護士費用のしくみを知っておきましょう。また、弁護士費用の仕組みがわかれば、どのようにして弁護士費用を抑える事ができるかも検討がつきます。弁護士費用のしくみを知った上で、弁護士費用を上手に抑える方法を確認して、弁護士への債権回収の費用で損をしない仕組みをチェックしていきましょう!