弁護士費用を抑えるには

債権回収を弁護士に依頼した場合、弁護士費用のしくみをみても、債権回収の額が少額の場合、弁護士費用の方が高くなってしまうケースがあります。そう考えると、依頼する際に、いかに弁護士費用を抑えるかが焦点となるため、初回相談料無料の事務所や着手金が高く設定されていない事務所を選ぶ必要があります。着手金や相談料は、必ず支払わないといけない金額となるため、必要経費と考えて、なるべく安価に設定されている事務所を選ぶようにしましょう。

弁護士費用のしくみを見ると、「債権回収を弁護士に依頼すると費用がかかるからもったいない」と感じてしまう人も多いと思いますが、弁護士に依頼する事で、適切な回収方法を提案してもらえるだけでなく、スピード回収ができ、問題解決につなげる事ができます。また、状況によっては、相手とトラブルを避けて債権の回収をおこないたい場合など、円満解決に努めてもらう事もできるため、弁護士への債権回収依頼はメリットが多く、依頼者の精神的負担も軽くなるため、債権回収でトラブルを抱えている場合は、まずは弁護士に相談してみる事をおすすめします!弁護士に債権回収依頼をする場合は、債権回収に強い弁護士選びから始めましょう!

債権回収費用

弁護士に債権回収を依頼するにあたって、まず確認しておきたいのが、弁護士費用のしくみです。弁護士費用は単純に依頼するといくらという風に決まっているわけではないので、弁護士費用のしくみを確認しておきましょう。

弁護士費用は大きく分けると、3段階になっています。まず最初に必要な費用が、相談料です。相場としては1時間5千円~1万円となっていますが、最近は初回の相談料を無料にしている弁護士も多いため、初期費用をおさえるには、色々と探してみるのもひとつの方法です。

次にかかる費用としては、着手金になります。この着手金は成功するしないに関わらず支払わなければならない費用になります。一般的な相場としては、1万円から30万円となっていますが、債権回収の方法によって異なり、さらに弁護士事務所によってその金額も様々なので、弁護士に依頼する際には着手金の金額も確認しておくことが大切です。

最後に、成功報酬が発生します。これは、回収額の10パーセントから20パーセントが相場となっています。これも弁護士事務所によってまちまちとなっています。その他かかる費用としては、訴訟費用や内容証明郵便の費などその都度費用が発生する実費は相談者が負担するという事になっています。

債権回収は弁護士へ

会社経営や個人事業を行っていると、発生する確率が高くなるのが債権回収です。売掛金の踏み倒しや、施工費用の不払いなど債権回収を行うには、個人ではなく弁護士に依頼するとスムーズに進みます。

債権回収と一言でいっても、大きな額から小さな額まで様々ですが、弁護士へ債権回収依頼をする場合も、その債権の額に対して回収費用はピンからキリまでと言っていいでしょう。

債権回収の費用を考える場合、弁護士費用のしくみから知っておくひつようがあります。顧問弁護士などすでに会社専属の弁護士がついている場合は、承知の通りだと思いますが、初めて債権回収を弁護士に依頼する場合は、弁護士へ支払う費用の相場はもちろん、債権回収に強い弁護士を探す事からはじめなければいけません。特に弁護士といっても、得意分野もそれぞれなので、とりわけ債権回収の実績のある弁護士を選んで依頼すると成功率も高くなります。

弁護士に債権回収を依頼するにあたって、まず知っておきたいのが、弁護士費用の仕組みです。これを知っておくと、これから様々な事案で弁護士に依頼するさいにも役に立つため、弁護士費用のしくみを知っておきましょう。また、弁護士費用の仕組みがわかれば、どのようにして弁護士費用を抑える事ができるかも検討がつきます。弁護士費用のしくみを知った上で、弁護士費用を上手に抑える方法を確認して、弁護士への債権回収の費用で損をしない仕組みをチェックしていきましょう!